2016年10月17日

CJ1妙高 MUD1

いつもの日程とは異なり
土曜日開催であった妙高高原CJ1
通常業務の金曜日を終え夜に現地に向け出発。
多端君の活躍によりほとんどの運転を任せ、
現地に到着することができました。
本当にありがとう。

IMG_1855.JPG

雨の影響でコースのコンディションはマッド。
試走では緩かった場所も時間と共に
よりルーズであったり重い泥となる箇所や
変化して行きました。

白馬でパンクしたリヤタイヤは交換され
リヤ FAST BIRD ORI 
フロント RINO
でレースへと

IMG_1858.JPG

リヤはドライ用だが使えるのがこれしかない
フロントは47サイズでノブもありMADもOKなタイプ。

14445999_1988768738016540_2705626697072036849_n.jpg

レースは14位あたりからのスタート
14290032_1988768964683184_4773373261697100744_o.jpg

身体は多少重いが
思いの外、レースには対応できる
14468610_1988775078015906_4853878304206194913_o.jpg

マッドなシングルセクションは
乗る区間と見切ってRUN区間を設けることに

14444999_1988772198016194_7440725730254302224_o.jpg

細めのフロントタイヤが
泥に潜り込み確実にグリップしてくれました。
シクロクロスなフィーリング。

14435259_1988770548016359_4099179026786419007_o.jpg
中盤にかけ集中しながらもやや苦しく

 
14468547_1988778254682255_6789704986636317192_o.jpg
フィードエリアへつながる区間の
ドロ具合が激しく
ペースをみだされ、

14468753_1988778731348874_4201458278613027611_o.jpg

前走者に追いつきそうで
そうでなく。

10位ポジションまであがったものの
-1ラップにて足切り。
未完走レースは何年か前の富士見以来。
準備が万全体制でなかったとはいえ
出来る限りのサポートをしてもらったのに
それに応えることができず、悔しいレースでした。

たくさんの応援ありがとうございました。

写真は順不同です。
すばらしい写真ありがとうございました。

IMG_1864.JPG




posted by buchi at 23:16| Comment(0) | MTBレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

CJ1白馬

14258354_1981865335373547_1480770418018108046_o.jpg

先週はCJ1白馬

夏の間はレースがなかったため
約2月ぶりのレースでした。

IMG_1784.JPG

それまでの練習は普段通りの練習を行いつつ
休みもできるだけ入れて
過ごしていました。

少し気が緩んでか
就寝中に夜風でのどを痛め
ここ2週間は咳もでており低調でした。

白馬のコースは
昨年より少しレイアウトも変わっていましたが
シングルトラックも多く、
それらをつなぐようにダートと舗装路、
スピード域の高いコースレイアウトでした。

スタートグリッドは2列目、
U23も含めたUCIポイントアリの選手がいるため
やけに横並びの選手達が若い。

レーススタートから
咳込みながら太鼓橋を登り
10数番でシングルへ

14241461_1981860485374032_3078970612701933312_o.jpg

ガンガン飛ばしていく
若い選手について行き周回。


湿った木の根で落車
久々レースはやや精彩欠け。

14249863_1981870728706341_5099920337533009543_o.jpg

まだレース序盤なので
落ち着いて攻めていきます。


14324508_1981868705373210_8230443743544344852_o.jpg


14249900_1981868745373206_8973861770707817850_o (1).jpg


前の選手をパスしながら
ひとつづつ順位をあげ
11位までアップ

14324228_1981871988706215_654889233777013403_o.jpg


後続とも離れ
一人で周回していましたが
ラスト2ラップで
前走者をとらえ10位まで上昇


さあ、ラストラップ
行けるぜっ
思っていたのですが
フィード越えたあたりで突然後輪に違和感が。

明らかに空気の抜ける音、
200Mも走らないうちに
タイヤはベコベコに。

これでは走れないので
シングルとダートを押して
フィードまでラン

その間に1人抜かれ、
ホイールは交換して
再スタートは切ったが

14310541_1981873982039349_4329313441660255350_o.jpg

ペースが乱れてしまい
スピードに乗らない

もたもた走っているうちに
また一人後続に抜かれ…


14241660_1981873658706048_3929026343241801782_o.jpg

最後のシングルで
スピードに乗ってきたが
すでに遅し
12位にてフィニッシュでした。


レース後にパンクタイヤを見たら
5cm位の錆びた釘がトレッド面からサイドにかけて
貫通していました。
そら一瞬で空気抜けるわ。


今回もコースサイドからの
沢山の応援
ピットサポート
ありがとうございました。


写真ありがとうございます。
(写真は順不同です)


次戦はCJ1妙高
当日入りですが
頑張って参戦します。





posted by buchi at 19:22| Comment(0) | MTBレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

MTB 全日本選手権

13692761_1117960431611565_1077760319328752878_o.jpg

全日本選手権がやってきた。
今年の目標はシングル。(去年は土壇場で順位を下げ11位)
ではあったがレース当日の約束により目標変更で8位以内。

身体のコンディションは週中に柏木先生のフィットを
受けて程よく上々でした。
これによって体調管理がしやすくなっているのでホント助かる。


コースの方は前回五月よりセクション毎の
つながりが良くなっているように感じた。

13754316_801401576627395_2757077578752512215_n.jpg

また復活したセクションなどもあり、
いかにスピードを乗せて走りれるかがポイントとなる
全日本に相応しいコースであった。

前日は渋滞などあり試走時間にギリギリ。
なんとか3周はしたが気になる箇所も残った。
(このあたりは当日の試走と午前のレース中にウォーキングして再チェック)

コンディションは
前日より回復基調であるが
時々雨が降りタイヤ悩むところ。

雨タイヤは用意しているが
ここは自分を信じて
ドライ用のPAXチューブラーで行くことに。


スタート位置は2列目
位置取りもよく前回のようなことなくスタート。
おそらくスタートループは10番前後で進んでいた


全日本選手権なので当たり前だが
先頭のスピードは速い。

13701191_1117961114944830_4685644190302850641_o.jpg

まずは一つでも前に出ることを考え
躊躇せずにガンガン行く。
それに耐えるべくして取り組んで来たので
身体も気持ちに答えてるようであった。

周回を重ね7番までアップ。

13669510_800997683334451_6130441431520886716_o.jpg

前年より下りセクションは
優位に進めることができるので
落ち着いて攻めることができた。


適切なフィードサポートもあり

13717339_1118054918268783_1839252635823891180_o.jpg

蒸し暑い中での冷たい掛水で
リフレッシュ。

13720483_1347784075232554_873855055_o.jpg

一時は6番手まで上がったが
後続の選手2名にパスされる

13738131_934529623341726_2469387003400220914_o.jpg

ミスなくラストラップを走りきり
8位にフィニッシュでした。

13700970_1117975194943422_2794459814846143253_o.jpg


すばらしいチームとサポート。
沢山の応援ありがとうございました。
力の限りいいレースができたと思います。

13694235_1347784055232556_1097781967_o.jpg

ありがとうございました。


写真ありがとうございます。
(写真は順不同です)
posted by buchi at 18:56| Comment(2) | MTBレース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする